Windowsカスタマイズ

Windows7のカスタマイズ5

ストレージ(HDD/SSD)の書き込みキャッシュ設定の確認と有効化

Windows7では、最適なパフォーマンスを発揮するために、基本的に「内蔵ストレージ」に対しては書き込みキャッシュが有効になっている。また「外付けストレージ(USBメモリやUSBストレージなど)」に対しては不意に取り外した際の安全性を考え書き込みキャッシュを無効にしている。しかし、この設定はハードウェアの変更を繰り返している環境などでは、Windows7が内蔵ストレージに対しても安全性を考え、システムドライブがキャッシュ無効になってしまう場合もあるので内蔵ストレージの書き込みキャッシュが有効になっているかを確認しておこう。各ストレージの書き込みキャッシュ設定を確認するには、「デバイスマネージャー」から「ディスクドライブ」のツリーを表示した上で、内蔵ストレージ(「~ATADevice」などと表示されるドライブ)をダブルクリック。設定ダイアログの「ポリシー」タブ内、「取り外しポリシー」→「高パフォーマンス」にチェックが入っているかを確認する。

ATADevice

外付けストレージ(USBメモやUSBストレージなど)にも「高パフォーマンス」を適用する USBメモリ/USBストレージなどの「外付けストレーり外しポリシー」欄内において「高パフォーマンス」を指定することが可能。ただし、「高パフォーマンス」を指定した場合には、外付けストレージを取り外す際に必ず「安全な取り外し」を実行する必要がある。これはファイル損失を防ぐため、物理的に取り外す前に、まずWindows7のシステムとして取り外しを許可する操作である。

内蔵ストレージに対する拡張キャッシュ機能の有効化

内蔵ストレージの書き込みキャッシュ設定の確認

Windows7では内蔵ストレージに対して「ディスクキャッシュ(リードキャッシュ&ライトキャッシュ)」が最初から有効になっているのだが、ライトキャッシュは停電や不意の切断などの不測の事態を考えている設定されている。これをやめて、さらに一歩進んだキャッシュ機能(拡張処理能力)を有効にしたい場合は、「デバイスマネージャー」から内蔵ストレージ(「~ATADevice」などと表示されるドライブ)をダブルクリック。設定ダイアログの「ポリシー」タブ内、「デバイスでWindowsによる書き込みキャッシュバッファーのフラッシュをオフにする」(拡張キャッシュ機能)をチェックする。なお、この設定適用ののち、マシンの電源が不意に落ちるなどの事態が起こった場合にはファイルの損失が多く、データファイルを失う/システムクラッシュなとの可能性が大きくなる。このような「リスク」を避けたい場合には、拡張キャッシュ機能の利用をあきらめるか、無停電電源装(UPS)を導入して不意なマシン電源の遮断が避けられる環境を整えよう。

デスクトップの視覚効果とパフォーマンス

「デスクトップの視覚効果」には余計なものがかなり多い。これらをシェイプアップするために「デスクトップの視覚効果」を設定するには、コントロールパネルから「システム」を選択して、タスクペインの「システムの詳細設定」をクリック。「システムのプロパティ」ダイアログの「詳細設定」タブ内、パフォーマンス欄の「設定」ボタンをクリック。「パフォーマンスオプション」ダイアログの「視覚効果」タブで、不要と思われる視覚効果のチェックを外そう。

Performance Options

基本的に「アニメ」「スライド」「フェード」「影」「スクロール」という文字列が含まれる項目は、チェックオフにしても操作上の変化・ビジュアル上も大きな変化がない。そして、パフォーマンスアップを実現することができる。

「Windows Aero」の国有体裁/機能を有効にする設定

ダイアログの「視覚効果」タブで以下の設定はチェックしておく。なお、WindowsAeroにおいて「スクリーンフォントの緑を滑らかにする」は必須設定ぐはないが、チェックしておかないとフォントのジャギーが目立つので、有効にすることを勧める。

Aeroプレビューを有効にする 任意のアイテムをポイントした際に、対象以外のウィンドウを透過する設定
ウィンドウとボタンに視覚スタイルを使用する 「Windows7ベーシック」以上のテーマを使うために必要な設定
デスクトップコンポジションを有効にする 「Windows Aero」を有効にする設定
透明感を有効にする 透過ウインドウを有効にする設定

〔スタート〕メニューの検索ボックスでデータやお気に入りの項目を検索しない

[スタート]メニューの検索ボックスでは、検索結果としてデータファイルやお気に入り項目も表示されるが、[スタート]メニューの検索ボックスを純粋にプログラム起動やコントロールパネル項目起動として利用したい場合には、このようなデータ系の検索結果を表示しない設定にするとよい。コントロールパネルから「タスクバーと[スタート]メニュー」を選択。「タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ」の「[スタート]メニュー」タブから「カスタマイズ」ボタンをクリックして、「[スタート]メニューのカスタマイズ」内、「その他のファイルとライブラリを検索する」から「検索しない」をチェックする。

スタートメニューの検索ボックスのカスタマイズ

「[スタート]メニューのカスタマイズ」

「[スタート]メニューのカスタマイズ」内の「大きいアイコンを使用する」のチェックで調整できる。デスクトップ解像度が低い環境やDPIスケーリングを利用してデスクトップオブジェクトを拡大している環境では、アイコンが大きめに表示されるので、チェックを外して小さくするとよいでしょう。

このページのtopへ